健康と医療の「ためになる話」

補聴器はどこで合わせてもらえばいいのか?

年を召されて耳が聞こえなくなってきた場合、補聴器を考えておられる方、その場合は、まず耳鼻咽喉科の診察を受けることが必要です。なぜなら、耳の穴の状態や、鼓膜の状態を把握し、そして聴力に合った補聴器を合わせなければいけないからです。
 
 耳の穴に みみあかがたくさんつまっていて、そのせいで聞こえにくくなっている場合もあり、みみあかを掃除してあげれば 聞こえが戻ったというケースもあります。
 
 補聴器の装着が適切であると判断される場合でも、測定した聴力と、耳の穴の形状、患者様の生活様式によっても 選択する補聴器の種類は違ってきますので、やはり、まずは耳鼻咽喉科での耳の診察をお勧めします。